「三文判」ってなに?

  • RSS

認印とは、申し込み書やなにかの契約のなどの際に使用する印鑑のことです。
最も重要な不動産や自動車などの契約の際に必要な印鑑は、実印になりますが。
宅配便のサインに使用するのも、認印です。
なので日常で一番使用頻度の多い、身近な印鑑が認印ということになりますね。
認印は「三文判のこと」という言い方もしますね。

わたしは認印については知ってはいましたが、逆に「三文判」と言われたほうがわかりませんでした・・・。
三文判とは、出来合いの安価な印鑑のことをいいます。
江戸時代以前の通貨が語源の言葉なんですね。
その頃、三文とは非常に安価な額とだったため、安いものに対しては「三文」がつけられるようになったそうです。
そういえば、三文芝居は聞いたことがあります。
三文判は、現在では100円ショップや雑貨屋さん、ホームセンターなどでも購入できるようにもなりました。便利になりましたよね。

子どものころ、印鑑は高価なイメージがありました。
認印や実印など、印鑑にさまざまな種類があることも知らなかったため、100円ショップで印鑑が販売されているのも見て、驚きました。
そして、それをわたしの親が購入していたのをも見て、さらに驚いた記憶があります。
実印は重要ってことは、みなさんも知っていることかもしれませんが、認印は安いし、身近な存在だからといって、なんでもポンポン捺印してはイケませんよ!
実印ではなく認印だから大した契約じゃないだろう・・・ではなく、安価でも認印は立派な印鑑です。
捺印の効力は実印と同じですよ。
しっかり契約書に目を通し、捺印してくださいね。

〔安心・人気のWEBサイトのご紹介〕
ネットでの印鑑購入は、不安ですか?
ご注文前に仕上がりイメージの確認ができ、 10年間の彫り直し保証も付いた安心サービスがあります!
印鑑作りは日本最大級!安心の印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】へ

このページの先頭へ